借りたものはちゃんと返す!間違えないための利用法

初めて利用する

Wi-Fi

普段使っていないもの

普段利用していないものは、借りる際にも気をつけて手順を踏まなければなりません。
とはいえ、wifiのレンタルは簡単に利用できるので、気を張る必要もありません。
関西空港を飛び立ってから確認するのでは遅いこともあるので、事前にレンタルの流れを確認しておきたいものです。

関西国際空港での利用

関西国際空港は国際便が多く発着するので、各wifiレンタル会社がカウンターを設けています。ここから受け取りをし、帰国したら同じところに返しましょう。
・宅配便
・カウンター
・現地返却
の三つが選べますが、会社によって時間外ポストが設けられているところもあるため、内容を確認して利用しなくてはなりません。

データローミングは必ずオフにする

海外に行ったらすぐにレンタルしたwifiをセッティングしましょう。旅立つ前にオフにしておきたい設定があるので確認すべきです。
・データローミング
・自動データ保存
・アプリ自動更新
自動的にデータをクラウドにアップロードするような設定は完全に切っておかないと後で高額な通信料が請求されてしまいます。

日本にいる家族や友人と連絡

個人旅行の場合、一人で行動することもあるのですから、余計に連絡手段は確保しておいた方が良いといえます。もしものときのためにも大切ですし、最近では旅の記録をSNSにアップするのも旅の楽しみの一つともいえるでしょう。

海外で通信を利用する三つの方法

no.1

レンタルしてwifiルーターを使う

普段wifiルーターを使っていないという人でも、レンタルでwifiルーターを使用することができるのでこの方法が一番便利です。自分の手持ちのスマホやモバイル端末を使うことができて、常に通信ができるという安心感があります。

no.2

海外プランに切り替える

自分のスマホやモバイル端末を使えるのは、レンタルwifiルーターを使う以外にも、キャリアに申し込んで海外向けの定額サービスを契約する方法があります。対応エリア内でなければ通信料が高額になることもあるので注意です。

no.3

フリーwifiを使う

海外にはwifiがフリーで使える地域があるので、あまり通信をしないという人はそういったシステムを活用するのも良いです。例えば、台北では時間帯が限られているもののフリーwifiを利用することが可能です。

広告募集中